【日記エッセイ第2回】 I am a Monkey - 中山雅也


    ご挨拶

    前回の日記から、編集部より1つ注意を受けた。

    「編集長が大ファンなので、矢口真里の悪口を書いて欲しくない」とのこと。

    じゃあ、こちらもエクスキューズをさせて頂く。
    矢口真里なんて一言も書いていません。高岡早紀を想像しながら前回の日記を書いたので、変な想像をしないでください。

    以上。



    7月16日(火)

    ・TV(録画)で毒蝮三太夫がやけに柔和になって、ニコニコとエベレスト登山の話をしていた。
     よく見ると、冒険家の三浦雄一郎だった。

    ・ミヤネ屋で天気予報士の蓬莱大介が出ると、必ず噛み付く宮根誠司。
     今日は「関東山地ってあるの? 学校で習ってないよ」と、天気と全く関係ない内容だった
     (すぐに番組スタッフが地図帳で調べて、もちろんあった)。
     どんな可愛がりをしてやろうか?な目つきの宮根誠司と、完全に目が怯えている蓬莱大介。
     ふたりの関係に目が離せない。

    ・剛力彩芽が望んでゴリ押しをしているのではなく、事務所がしていることに今日気付いた。   (映画「プロメテウス」の吹き替えだけは、すぐに変更して再販して欲しい)

    (この日記は不定期です)

    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    SPONSORS_1
    DESIGN





    follow us ?


    twitter ?
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    最新画像
    ランダムピックアップ記事_1
    SPONSORS_2
    ランダムピックアップ記事_2
    痩せるとモテて困るので
    食べておく夜食ピックアップ記事