【日記エッセイ第5回】 I am a Monkey - 中山雅也

    ご挨拶

    「好きな男性のタイプは?」「口の硬い人」
    明石家さんま直伝のネタで指原莉乃は難を逃れた。
    深夜にTVをつけるとあの人が出ていた。たぶん復帰一発目だったろう。
    何てネタをかませば世間様は笑って見過ごしてくれるのか。たまあに考える。

    「わたしの中には別の人格が2万います。そのひとりがしたことです。」
    よくある多重人格で流すか。

    「たまたま風呂あがりに裸でいたら、たまたま家を間違えたあの人が裸で帰宅して、たまたま早く帰ってきた旦那さんがたまたまあの人の玉玉を見てしまっただけなんです」
    ダジャレで逃げるか。

    「忘れろ!忘れろ!ぜーーーーーーーーんぶ忘れろ!」
    カメラを通して、日本中に催眠術をかけるか(しかも5円玉を使って)。

    いずれにせよ、結婚前はいくら男を変えても恋多き女で片付けられるが、結婚後は単なる落ち着きのないビッチと位置づけられてしまう。何かうまい切り返しで世間を納得させて欲しい。


    藤圭子の訃報。

    Wikipediaに飛んで確認すると、やっぱりだ。もう誰かが書いている。本人がことの前に書いているが如くのスピードで書かれている。書くと、近所のスーパーのポイント2倍とかなるのか。なるなら、俺も考えるが、善意で書いてんだろうけど、ちと怖い。

    あと、中に書かれている「窪塚洋介方式で自殺したと考えられている」って一文はなんだろう。説明が説明になっていない。「窪塚洋介のように喉が乾きコンビニにあまりに急ぐあまりエレベーターではなく、ベランダから降りて大事故に見舞われた」と、窪塚洋介方式を語って頂きたかった。

    水道橋博士が藤圭子と娘の宇多田ヒカルの共通点を以前ラジオで語っていたが、何か鳥肌が立った記憶だけはある。検索して聞いてみるか。


    関連記事

    コメント

    コメントの投稿

    非公開コメント


    SPONSORS_1
    DESIGN





    follow us ?


    twitter ?
    カテゴリ
    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    検索フォーム
    最新画像
    ランダムピックアップ記事_1
    SPONSORS_2
    ランダムピックアップ記事_2
    痩せるとモテて困るので
    食べておく夜食ピックアップ記事